もしかして抜け毛が減ったのはコレのおかげか?

眼精疲労が薄毛の原因になります

いつもパソコンやスマートフォンを長時間使っていて、毎日のように眼精疲労に悩まされている方々は、自分が薄毛になる可能性に注意しなければいけません。
眼精疲労を回復するために、身体が多くの栄養を使う事になってしまい、髪の毛を作るための栄養が不足してしまう可能性もあるためです。
特に気を付けてほしいのがL-システインとビタミンB群の不足で、どちらとも髪の毛を作るために必要な成分の一つです。
もしL-システインとビタミンB群が不足してしまうと、それだけで髪の毛が作られるサイクルに狂いが生じて、抜けた分の髪の毛が生えてこなくなる事もあります。
眼精疲労が起きないように注意をするだけで、髪の毛だけでなく精神面にも良い影響を与えられることでしょう。

食事制限を厳しくしてストレスを溜め込まない

脂っこい食事メニューは皮脂を過剰に増やす事になり、毛穴が詰まってしまい抜け毛が増えてしまう場合もあります。
そんな薄毛の原因を減らすために、脂っこい食事メニューを制限しようとする人も多いのですが、まずストレスを溜め込まない事を第一に考えてください。
食事制限というのは想像以上にストレスが溜まってしまうもので、好きなものを食べられなくなるだけで、ストレスによって自律神経が乱れてしまう人もいるぐらいです。
普段から仕事が忙しくて休み時間が取れない人ほど、食事制限による悪影響が出やすいですから、まずはストレス対策を行ってみましょう。
脂っこい食事をある程度は食べながら、サウナなどで皮脂を汗と一緒に流しだしておくだけで、ストレスや皮脂に同時に対処する事ができます。
薄毛の対処はバランスを考えて行ってください。