わたしはこうして髪の毛が生えてきた

AGAの脱毛症は専門病院での検査が大切です

AGAは20~30代の比較的若い男性に多いと言われています。AGAの特効薬はプロペシアが有効と言われていますが、プロペシアはAGA以外の薄毛には効果がなく、しかも男性機能を低下させると言った副作用が生じる可能性もあると言います。
プロペシアはAGAに治療には有効と言っても、副作用のリスクがあるため注意が必要です。
しかし、AGA専門病院では遺伝子検査を行ってAGAによる脱毛症であるのか、血液検査を行って医薬品の作用が期待出来るのかを調べて貰う事が出来るようになっています。
AGA専門病院の治療法にはHARG療法と言う、成長因子や各種ビタミンを配合したHARGカクテルを直接頭皮に注入する方法もあります。

HARG療法のメリットとは

HARG療法はAGA以外の薄毛にも効果がある、女性の薄毛にも効果を期待出来るなどの理由から注目を集めています。
AGAと言うのは男性型脱毛症の事を意味しており、男性特有の薄毛です。しかし、女性の場合にはFAGAと言う女性特有の薄毛があり、AGAと同じようなメカニズムで頭皮が薄くなります。
女性の場合は女性ホルモンの働きにより、すべての毛が抜けてしまう事はありません。しかし、髪の毛が薄くなるとショックを感じてしまい、症状が悪化する可能性も高くなるのです。
AGA専門病院での治療は薄毛に悩む人に合う治療法を見出してくれるため、発毛率が高い、そして育毛効果も高くなると言ったメリットがあるため、薄毛で悩みを抱えてしまった場合は専門病院での検査をお勧めします。