そもそも髪の毛が生えるメカニズムって一体?

髪の毛はどのように伸びてくるのか

薄毛になってしまうのはなぜなのか、どうして髪の毛が抜けるのかを理解するならば髪の毛が生えるメカニズムを知っておきましょう。皮膚の変化によって髪はできており、皮膚の下にある毛根と皮膚から出ている毛幹に分けることが可能です。
毛根にある母毛細胞に酵素や栄養成分、成長因子が血流によって運ばれて母毛細胞が成長促進のための因子を産みます。細胞の分裂が促されることによって毛包に毛が新しく作られ、髪の毛が頭皮から押し出されることによって伸びます。そのため、髪の毛が元気に伸びているのは、外からは確認することができない母家細胞が活発に活動しているという証拠になるのです。これが、髪の毛が生えるメカニズムとなっています。

なぜ抜け毛や薄毛になってしまうのか

健康な髪の毛であっても寿命があります。決まった期間伸びた後は自然に頭皮から抜け落ちて、新しく生え変わるのが特徴です。このような周期がヘアサイクルになります。髪の毛は最初に産毛のような短くて細い状態で生えてきて、長く太くなっていきます。その後、毛根は退化していき成長はストップして抜け落ちます。
ヘアサイクルが正常であれば再び髪の毛は生えてきますが、何らかの原因によって成長が抑制される因子が生まれヘアサイクルがおかしくなったのが抜け毛や薄毛です。そのため、抜け毛や薄毛の問題を解決するには、ヘアサイクルを正常化させて成長する期間を長くするのが重要です。人によって原因は違うので、最適な治療で対策をしましょう。